京都市南区吉祥院中河原里西町35番地高匠ビル1F

電話:075-925-7535

メール wadatumi2014@gmail.com

就労支援施設だんだんは、就労継続支援B型施設です。

だんだんは、B型の就労施設です。自主通所が基本です。しかしいろいろな事情で必要な方は、送迎があります(行政や支援センターの方と話し合いをして、なおかつ必要であるとだんだんが認めた場合)。通所日は月曜日から金曜日まで。土・日・祝がお休みとなっています。土日に続く祝日の月曜日は通常作業日です。スケジュールは、9:55から朝礼を行います。10:00から作業開始。11時に5分休憩。12時から13時までお昼休み。14時まで作業して5分休憩。15時から15分の休憩。ラジオ体操をしましょう。そして15時15分から16時まで、やり抜きましょう。16時で作業終了です。


ぜひ見学にいらして下さい!お待ちしております。

「だんだん」とは、ありがとう!を意味します。私たちは「出逢えてよかった!」を合言葉に、あなたと出逢える喜び、だんだんと出逢えた喜びを共にしたいと考えています。

就労継続支援B型

  • 障害者手帳をお持ちの方(18歳以上)
  • 特別支援学校、支援学級を卒業したが、企業等の雇用に結びつかなかった方
  • 就労経験があって、年齢や体力の面で雇用されることが困難となる方
  • 上記以外で、50歳に達している方
  • 工賃は、障がいの程度や作業時間等により変わりますが、3000円~30,000円目指します。
シール貼り
内職

だんだんにあるワークデスクで、下請け作業をみんなでやります。シールを貼る業務や、箱詰め業務、サンプル品の組み立てなど、その時によりさまざまです。

自主制作作品も研究中です。ミシンで作ったり、手織りの機械で作成して、販売につながるよう工夫していきます。みなさんの作品が売れるとうれしいですね。


提携会社からの業務受けにて作業

生産工場からの依頼を受け、受注作業を進めていきます。納期を守ると同時に、丁寧さ、正確さを要求されます。

物品販売

オリジナル作品は、地域で販売を兼ねた研修を行います。対面販売を通じて、あいさつや品物の受け渡しの大切さを学びます。

 

手織りのアート

はた織り機です。意外に簡単で、誰にでも手織り生地が作れます。そこからさまざまなものを作りましょう。好きな糸を使って織りましょう。